中学生でもバストアップは可能?自分でできる方法とは

中学生ごろになると、背が伸びるだけでなく、バストなど体型の変化が出てくる女性が多いですよね。

クラスメートや家族の中に、かなり女性らしい体つきになってきている人も増えているのではないでしょうか。

周りが綺麗な女性の姿になっていけばなっていくほど、自分の胸を見たときに、あまりにもぺったんこなのでガッカリしてしまうという中学生も少なくありません。

「まだ成長過程だから…」と励ましてくれる大人もいるけれど、バストがしっかりしている友達や同世代の芸能人に憧れの気持ちも湧いてきてしまいますよね。

ところで、バストアップするには、成人になってから手術をするしかないと考えていませんか?

実は中学生でも、自分で簡単にバストアップできる方法があるんですよ。

家で気軽に!毎日マッサージ

バストアップには、胸のマッサージが効果的です。

使う道具は自分の手だけ。

脇の下辺りから、脂肪を胸の方向にに寄せ集めるように撫でてみてください。

慣れてきたら、少し力を入れて刺激してみましょう。

くれぐれもこすりすぎはいけません。

敏感肌の人は、保湿クリームなどをつけると滑りが良くなりますよ。

また、ご家族が協力的ならば、バストケア専用のクリームもありますので、相談してみてはいかがでしょうか。

朝起きて着替えるとき、お風呂から出たときなど、時間やシチュエーションを決めることで、毎日欠かさずマッサージを続けることができます。

脇や胸のマッサージは、リンパ液の流れも改善しますので、ダイエットにも効果が期待できます。

食事はバランス良く!健康なバストをつくる

ダイエットをするとき、痩せやすくなると聞いた食材ばかりを食べてしまい、失敗した経験はありませんか?

これと同じで、バストを大きくするために、バストアップに良いと言われている食材ばかりを食べ続けてしまうのは健康にもあまり良くありません。

女性ホルモンと似た働きをする成分が豊富なのが、大豆です。

大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモンと構造が似ているため、バストアップには欠かせません。

しかし、肉や魚、卵に多く含まれるタンパク質は筋肉や肌を形成しますし、野菜はビタミンとミネラルで肌のハリつやを促進します。

大豆製品ばかり食べるのではなく、大豆製品を増やしながら、バストそのものを作る食材も摂るよう心がけましょう。

まとめ

中学生でも、ちょっとした習慣や食べ物に気をつけるだけで、バストアップが目指せることが分かりました。

コンプレックスがなくなれば、自信を持って明るく生活することができそうですね。

理想の胸に近づくべく、コツコツ努力していけばきっと夢は叶いますよ!